コンサルティングのサービスについて知ろう!

ネット動画サイトの広告

フィルム

メリットと効果は

インターネット上に広告を出すことは、広告を行う上ではスタンダードな手段となっていますが、その種類にもいくつかあり、そのひとつが動画サイトへの広告です。特に動画サイトではYouTubeがもっとも再生数が大きくインターネット広告を出すには適しています。一方でYouTube広告といっても2つの種類があり、違いを理解して適したものを選ぶことが効果を最大限発揮させる上で重要です。YouTube広告の「TrueView」という広告サービスが提供されていますが、種類としては動画の視聴前に流すインストリーム広告と動画の再生画面にバナーを表示させるインディスプレイ広告です。もし、YouTube広告を出す場合に動画が用意できるのであればインストリームがもっとも適しています。インストリーム広告では冒頭5秒間はスキップできないものと最大15秒から20秒のスキップできない広告を流すものがあります。いずれも動画の関連性の高い広告動画を流すことで高い効果を得られます。また動画を用意できないような場合にはインディスプレイ広告が適しておりバナー広告のように表示させることができ、動画を用意しないぶん気軽に広告を出すことができます。YouTube広告のメリットは費用対効果、ターゲット配信、自社サイトへの誘導、必ず見てもらえるといったものがあります。特にインターネット広告全般に言えることですが、どの広告から自社サイトにやってきたかわかるため効果の分析をしやすいのも大きなメリットです。

Copyright© 2017 コンサルティングのサービスについて知ろう! All Rights Reserved.