病院

高脂血症の症状を理解する【スピード発見するための秘策】

動脈硬化が進みやすい

女性

血中の脂質値の異常

高脂血症とは血液中のLDLコレステロール値が高すぎたり、HDLコレステロール値が低すぎたり、トリグリセライド(中性脂肪)が高すぎたりする状態になる病気です。LDLコレステロールは動脈硬化と関係があり、これが高すぎると動脈硬化が進みます。HDLコレステロールは動脈硬化を防ぐ働きがあり、これが低すぎても動脈硬化が進みます。トリグリセライドも動脈硬化の進行を促し、さらに急性膵炎とも関係があります。高脂血症は2007年から正式には脂質異常症という病名になっています。HDLコレステロールに関しては低すぎる方が問題だからです。高脂血症になる原因は大きく二つに分けられます。ひとつは遺伝的なもので、特に「家族性高コレステロール血症」は日本人の500人に1人の割合で見られる遺伝性の疾患です。もうひとつは生活習慣によるもので、高カロリー高脂肪の食事と運動不足が重なることによって起きます。また、他の疾病の薬などが影響することもあります。

生活習慣の改善を

家族性高コレステロール血症に最もよくみられる症状は黄色腫です。これはコレステロールの塊でアキレス腱、肘、膝などに見られます。しかし、それ以外の高脂血症の人には自覚症状は何も無く、健康診断などの血液検査で初めて発見される場合がほとんどです。そのため治療の必要性になかなか気づけないことが多く、症状が無いということがこの疾患の最も恐ろしいところです。高脂血症になると動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高くなります。治療は食事療法、運動療法、薬物療法が三本柱です。LDLコレステロールの高い人は飽和脂肪酸を含む食品を減らし不飽和脂肪酸を含む食品を増やします。またコレステロールの多いものを減らし食物繊維を多くとる様にします。トリグリセライドの多い人はアルコールや糖質を減らし、肥満を解消します。適度な運動をすればHDLコレステロールを増やしトリグリセライドを減らし、肥満の解消にも役立ちます。さらに喫煙は動脈硬化を進行させるので禁煙です。症状がなくてもきちんと治療することが合併症を防ぐために大切なことです。