病院

高脂血症の症状を理解する【スピード発見するための秘策】

病院を賢く利用する健康法

看護師

血液検査の重要性

血液中のコレステロール値や中性脂肪の数値が高い状態のことを高脂血症と言います。高脂血症は高血圧とともに動脈硬化の原因となり、さまざまな生活習慣病の発症リスクを高めますので注意が必要です。血液中にコレステロールや中性脂肪などが多くなると、血管壁にそれらのタンパク質が取り込まれて蓄積されます。その結果動脈硬化を起こした血管は柔軟性を失い、高血圧の原因にもなります。瘤状になった血管壁が剥がれると、血流に乗って血管を詰まらせる場合もあります。心臓付近の血管が詰まると狭心症や心筋梗塞を起こし、脳の血管が詰まると脳梗塞が発生します。高脂血症にはほとんど自覚症状がないため、血液検査を受けなければ判明しないことが多いものです。アキレス腱が厚くなったり、手の甲や肘などに盛り上がりができることで判明する例が稀にあります。多くは高脂血症を原因とする他の病気の症状によって気がつくものなのです。遺伝的要素も指摘されますので、家族にコレステロール値の高い人がいる場合は病院で定期的に血液検査を受けることが重要です。

生活習慣改善が治療の柱

高脂血症の治療は生活習慣の改善が中心となります。自覚症状がほとんどないためにどうしても放置しがちになりますが、血液中のコレステロール値や中性脂肪の数値が高い状態が長く続くほど動脈硬化のリスクも高まります。食事療法は生活習慣改善の柱です。できれば適正体重から割り出した1日の適正エネルギーに基づくカロリー摂取を心がけ、動物性脂肪も控えた方がいいでしょう。卵や乳製品や肉の脂身などもコレステロールの高い食品ですので、過剰な摂取は避けるべきです。自覚症状のない高脂血症でも、食事療法を中心とする生活習慣の改善によっては動脈硬化のリスクを減らすことが十分に可能です。内科などの病院を受診すれば、薬物療法によるさらに効果的な治療を受けられます。定期的な検査とともに、病院を賢く利用することで長く健康を保つことも可能になってくるのです。