doctor

高脂血症の症状を理解する【スピード発見するための秘策】

動脈硬化が進みやすい

女性

血液の中のコレステロールの値が変動することで高脂血症になる場合があります。遺伝することもある病気ですが、現在は様々な治療方法が確立されています。また治療と同時に運動なども心掛けることで、より合併症の発症や症状の悪化を予防することが出来ます。

詳細へ

病院を賢く利用する健康法

看護師

高脂血症とは血中のコレステロール値や中性脂肪の数値が高い状態を言います。高脂血症そのものは病気と言うよりも、動脈硬化による狭心症や心筋梗塞などの病気の原因となる因子です。通常は自覚症状がほとんどありませんが、血液検査によって知ることができます。治療は生活習慣の改善と薬物療法が中心となります。

詳細へ

知っておきたい脂質異常

医者

高脂血症とは、コレステロールや中性脂肪の値が多ければ高くなる病気です。症状がないためなかなか気がつかない方もいるかもしれません。よって、定期的や検査がおすすめです。また、数値が高い場合は、改善のため、医療機関を受診したり、禁煙、運動、食事など生活習慣を見直すことが大切です。

詳細へ

血中の脂質が高い病気とは

医者

生活習慣と関係しています

高脂血症は、血液中のコレステロールそして中性脂肪が数多くなる疾病で、いわゆる脂質異常症と称されています。 血液中のコレステロールあるいは中性脂肪が過多になると、血管の壁面に脂質が貯まり、血の流れが酷くなって動脈硬化に結び付きます。 動脈硬化については脳梗塞、さらに脳卒中そして、心筋梗塞などを引き起こしますので、非常に危険な病気に、繋がります。 高脂血症は、自分で気付く症状がほとんど見られないことからそのままにしてしまう人もいます。しかし、症状の有無にかかわらず、スピーディーに診察を行い、日常の食事内容などを修正する事でこうした疾病を防止することが実現可能です。ですから、生活習慣と非常に密接に関わっているといえます。

生活習慣の改善が大切

高脂血症については、生活習慣病という例えがぴったりです。日頃の食事内容やそれ以外の日常生活で起こることが多く、 高いカロリーの食事メニューそして、動物性の脂のたくさんある献立、さらに野菜の不足、あるいは間食などがあります。こうした食事は血液中の中性脂肪また悪玉コレステロールを増大させそして、高脂血症を招きます。 また、運動の不足などによって脂質の代謝活動が悪化して高脂血症になるケースや、体調を悪化させるようなストレスで発生することもあります。高脂血症と気がつくためには、血液検査が必須です。医療機関で定期的に検査を受けるように心がけましょう。高脂血症と判断された時にとられる療法はいくつかあります。代表的な治療としては、食事療法や運動療法、薬物療法があります。一つの療法だけでなく、複数の療法を組み合わせて治療に取り組むこともあるので、医師の指示に従い、治療に取り組みましょう。速効性を求めず、気長に治療に取り組む姿勢が大切です。